いろいろ英会話

使えるとかっこいい英語スラング7例【ネイティブの言葉を理解しよう!】

英語スラングって何気に使えるとかっこいいなぁと思っている方はたくさんいますよね。

hana
こんにちは、ハナです。

ネイティブは日常英会話でスラングを頻繁に使うので、話していることを理解したかったらスラングの意味も覚えておいたほうがいいですね。

以前、書いた記事から覚えておきたいスラング7選を選びました!

使えたらかっこいいスラング7例!

・gutted
普通に英会話に出てきます。意味がわからない人は覚えておいたほうがいいです^^
guttedの意味を確認したい方はコチラの記事がおすすめ!

・song
会話での使用度は低いかもしれませんが、意味を知らない人は勉強しておきましょう。
超有名なセレブが使っている動画でsongを覚えよう!

・knackered
これもよく会話や英語のテレビで出てくるスラングなので覚えておきましょう!
knackeredの意味がわからない人におすすめの記事!

・bollocks
そんな頻繁に使われませんが、知っておいてもいいスラングです。
bollocksの意味がわからない人におすすめの記事はこちら!

・suck
少し汚い感じで使われることもあるスラングですが、場面によっては使ってもokだと思います。
suckの意味を知りたい人におすすめの記事!

・dude
テレビ番組や音楽などを聞いているとよく使われているスラングですね。他にも同じような時に使えるスラングもあるので記事に書いてみました。
dudeや他スラングの表現もいろいろ紹介!

・big up
音楽のイベントなどで時々見かけるからか、意味を知りたい人が多いスラングです。
big upの意味を知りたい方におすすめの記事!

上のスラング記事では、英会話例や動画、ネイティブ音声などでわかりやすくスラングが理解できると思いますので役立てて頂ければ嬉しいです。

今回紹介したスラングは、汚くて使えないようなものではなく、日常で使われていて使えるようなスラングなので使ってみてください。ただ、フォーマルな場面ではNGですよ!

英語を話したいならオンライン英会話
オンライン英会話比較おすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください